アセットの使用
マニュアル     リファレンス     スクリプト   
Unityマニュアル > ユーザガイド > アセットの使用

このドキュメントは有志により翻訳されたもので、オフィシャルではありません。オリジナルのページはこちら
This document is unofficially translated by users.Please see the original document here.

翻訳に関する修正など、ご連絡はこちらまで。
Please send e-mail to here, when you have any question about the translation.

アセットの使用(Working with Assets)

ゲームを作る上で、大きな部分を占めるのが、アセットソースファイルをゲームオブジェクトで使用することです。これは、テクスチャ、モデル、サウンドエフェクト、スクリプトの動作にも適用されます。Unityの中でプロジェクトビューを用いて、ゲームを構成する全てのファイルに、素早くアクセスできます:


プロジェクトビューに、全てのソースファイルと、作成されたプレハブが表示されています。

このビューは、プロジェクトのAssetフォルダにある、ファイルの構成を表示しています。アセットのファイルを更新すると、変更はすぐにゲームに適用されます!

アセットファイルをプロジェクトにインポートするには、Finder[Mac(Explorer[Win])から、ファイルを (your Project folder)->Assetsに、移動します。すると、Unityによって自動的にインポートされます。アセットを適用するには、アセットファイルをプロジェクトビューから、階層シーンビューに、ドラッグします。アセットを、他のオブジェクトに適用する場合は、アセットをオブジェクトの上にドラッグします。

ヒント

さらに情報を得たい場合は、次を続けて読んでください: