Unityの基礎
マニュアル     リファレンス     スクリプト   
Unityマニュアル > ユーザガイド > Unityの基礎

このドキュメントは有志により翻訳されたもので、オフィシャルではありません。オリジナルのページはこちら
This document is unofficially translated by users.Please see the original document here.

翻訳に関する修正など、ご連絡はこちらまで。
Please send e-mail to here, when you have any question about the translation.

Unity の基礎

このセクションはUnityをスタートするためのキーとなります。ここでは、Unityのインタフェース、メニュー、Assetの使用法、シーンの作成、ゲームの公開について説明します。

このセクションを読み終わると、Unityがどのように動作するか、どのように使うと効果的か、基本的なゲーム作成技法が身に付きます。

 インタフェースの学習
ここでは多くのことを学びます。ゆっくり時間をかけてインタフェースを理解してください。それぞれのインタフェース要素について説明します。

 Asset ワークフロー
ここでは、UnityにおけるAssetの使い方を学習します。一般的で概略的な基本操作を解説します。

 シーンの作成
シーンはあなたのゲームオブジェクトを含みます。それぞれのシーンで、環境や障害物、修飾物を配置し、ゲームをデザインします。

 ゲームのビルドと公開
ゲーム開発中にスタンドアロンやWebプレイヤ上など、エディタ外での動作を確認したい場合があるでしょう。このセクションでは、公開設定の操作方法とプラットフォームごとのビルド方法を学習します。

 チュートリアル
チュートリアルはで、Unityで実際に操作を行いながら学習します。
実際のプロジェクト作成を体験することができるでしょう。
新しいユーザは、GUIの基本とスクリプトチュートリアルを読んでおくとよいでしょう。