シーンの作成
マニュアル     リファレンス     スクリプト   
Unityマニュアル > Userガイド > Unityの基礎 > シーンの作成

このドキュメントは有志により翻訳されたもので、オフィシャルではありません。オリジナルのページはこちら
This document is unofficially translated by users.Please see the original document here.

翻訳に関する修正など、ご連絡はこちらまで。
Please send e-mail to here, when you have any question about the translation.

シーンの作成

シーン(Scenes)はゲームのオブジェクトを含みます。 メインメニューの作成や、それぞれのレベルの作成に用いられます。それぞれのファイルが異なるレベルを表すと考えてみましょう。すべてのシーンで環境、障害物、修飾物を配置し、効果的にゲームをデザインし開発することができます。

プレハブのインスタンス化

前の章で説明した方法でプレハブを作りましょう。プレハブについてはここに詳しく説明されています。 プレハブを生成したら、プレハブのコピーを簡単に作ることができます。プレハブをプロジェクトビュー(Project View)から階層(Hierarchy)シーンビューに(Scene View)ドラッグしてください。これで、プレハブのインスタンスを配置し、調整する準備ができました。

コンポーネントとスクリプトの追加

プレハブやゲームオブジェクトがハイライトされている状態で、コンポーネント(Components)を使って機能を追加することができます。 詳細な情報はコンポーネントリファレンス(Component Reference) を参照してください。スクリプト(Scripts)はコンポーネントの一つです。コンポーネントを追加するにはゲームオブジェクトをハイライトしコンポーネントをコンポーネント メニューから選択します。 コンポーネントがゲームオブジェクトのインスペクタに表示されます。 スクリプトもデフォルトでコンポーネントメニューに含まれています。

コンポーネントの追加がゲームオブジェクトとプレハブの接続を破壊してしまった場合、GameObject->Apply Changes to Prefabをメニューから選択すれば、接続し直すことができます。

ゲームオブジェクトの配置

ゲームオブジェクトをシーンに追加すると、 移動ツール(Transform Tools)を使って好きな場所に配置できます。 また、移動値をインスペクタで入力することで、正確な配置や回転が行えます。 ゲームオブジェクトの配置と回転に関する詳しい情報はコンポーネントの移動(Transform Component)ページにを参照してください。

カメラの操作

カメラ(Cameras)はゲーム中であなたの目となります。 プレイヤーが見るすべてのものはカメラを通して描かれます。他のゲームオブジェクトと同様、カメラを配置、回転、また、親子関係の設定が行えます。 カメラは、カメラコンポーネントが付属したゲームオブジェクトです。通常のゲームオブジェクトに対する操作全般とカメラに特別な機能が利用できます。新しいプロジェクトを作成する際に便利なカメラスクリプトが、基本Assetパッケージに含まれています。メニューからComponents->Camera-Controlを選択することで見つけられます。カメラに関して知っておいた方がよい情報がいくつかあります。カメラについてはカメラコンポーネント(Camera component)ページを参照してください。

ライト

いくつかの特殊な場合を除いて、シーンにはライト(Lights)を設置する必要があります。3種類のライトがあり、それぞれ異なった効果を持ちます。 重要なことはライトはゲームの大気と雰囲気を表現します。ライティングの違いはゲームの雰囲気を完全に異なるものとするため、ライトを効果的に用いることは重要な学習テーマです。ライトに関する詳細はライトコンポーネント(Light component)のページを参照してください。