アセットサーバガイド(Asset Server Guide)
Manual     Reference     Scripting   
Unityマニュアル > ユーザガイド > アセットの使用 > アセットサーバガイド

このドキュメントは有志により翻訳されたもので、オフィシャルではありません。オリジナルのページはこちら
This document is unofficially translated by users.Please see the original document here.

翻訳に関する修正など、ご連絡はこちらまで。
Please send e-mail to here, when you have any question about the translation.

アセットサーバガイド(Asset Server Guide)

Unityアセットサーバの概要(Unity Asset Server Overview)

Unityアセットサーバはアセットとバージョンのコントロー ルシステムでグラフィカルなユーザインタフェースをもちUnityに統合されています。これは、チームのメンバが個人やリモートの異なるコンピュータから 1つのプロジェクトで協業する場合に用いられます。アセットサーバは大きなバイナリアセットが格納された数ギガバイトにのぼるフォルダプロジェクトを操作 するために高度に最適化されています。アセットをアップロードする際、インポート設定(Import Settings)とそれぞれのアセットに対するその他のメタデータがアセットサーバにアップロードされます。名前の変更やファイルの移動はこのシステムの核であり、よくサポートされています。

これはUnity Proでのみ使用できる機能です。クライアント毎に追加のライセンスが必要になります。アセットサーバクライアントライセンスを購入するには、Unityストア http://unity3d.com/store を訪問してください。 

ソースコントロールは初めてですか?(New to Source Control?)

ソースコントロールを今までに使ったことがなければ、バージョンコントロールシステムを使い始めるのは少し抵抗があるでしょう。ソースコントロール はアセットをデータベースやある種のサーバに完全に格納することで動作さいます。メッシュ、テクスチャ、マテリアル、スクリプト、その他全てです。サーバ は家庭のコンピュータやUnityを起動しているものと同じ場合もあります。または、ローカルネットワークにある異なるコンピュータである場合も考えられ ます。世界の異なる場所にあるリモートマシンかもしれません。仮想マシンの場合もあるでしょう。多岐に渡るオプションがありますが、サーバの位置は問題で はありません。重要なことは、ネットワークを通してアクセスでき、ゲームデータを格納出来るということです。

アセットサーバはプロジェクトフォルダのためのある種のバックアップとして機能します。開発中はアセットサーバのコンテンツを直接操作することはありません。プロジェクトをローカルで変更し、完了したら、サーバ上にプロジェクトの変更をコミット(Commit Changes)します。これにより、ローカルのプロジェクトとアセットサーバプロジェクトが同一のものになります。

もし、あなたと一緒に仕事をしている開発者が変更を行ったとして、アセットサーバが彼らのプロジェクトと動機しており、自身のものとは異なるとします。あなたのローカルプロジェクトを動機するには、サーバからアップデート(Update from Server)します。これで、チームメンバが行ったすべての変更をサーバからローカルプロジェクトにダウンロード出来ます。

これがアセットサーバを利用するための基本的なワークフローです。この基本的な機能に加えて、アセットサーバは前の話0ジョンのアセットにロールバックしたり、詳細なファイル比較をしたり、2つの異なるスクリプトを混ぜあわせたり、変更の衝突を解決したり、削除したアセットを復旧したり出来ます。

アセットサーバの設定(Setting up the Asset Server)

アセットサーバは初めに1度だけ設定が必要です。また、それぞれのクライアントの設定が必要です。方法に関してはアセットサーバ設定ページ(Asset Server Setup page)を参照してください。

このガイドの続きでは、アセットサーバの継続的な利用、デプロイ、管理について解説します。

アセットサーバでの日々の作業(Daily use of the Asset Server)

この章では一般的なタスク、ワークフローとアセットサーバの活用例を日々の作業に基づき説明します。

始めるために(Getting Started)

アセットサーバにが既に存在していて、多くの作業が保存されているチームに参加する場合、次のステップが最速で正しくスタートする方法です。もし自分のプロジェクトを1から作る場合、次のワークフローの基本(Workflow Fundamentals)の章から読み始めるとよいでしょう。

  1. 新しいプロジェクトをパッケージをインストールせずに作成します
  2. メニューバーよりWindow->Asset Serverを選択します
  3. Connectionボタンをクリックします
  4. 名前とパスワードを入力します(アセットサーバ管理者から提供されます)
  5. Show Projectsをクリックし希望のプロジェクトを選択します
  6. Connectをクリックします
  7. Updateタブをクリックします
  8. Updateボタンをクリックします
  9. 衝突が発生した場合、全てのローカルバージョンを破棄します
  10. アップデートの完了を待ちます
  11. 準備完了です

アセットサーバを日々効率的に使用する情報については続きを読んでください。

ワークフローの基礎(Workflow Fundamentals)

アセットサーバを複数人のチームで使用する場合、作業開始前にアセットサーバから全てのアップデートを取得し、1日の最後や作業が終了したときに変更をコミットすることは良い方法です。また、非常に大きな変更を行った場合には、1日の途中でも変更をコミットすることも重要です。変更は継続的に頻繁にコミットすることが望ましいでしょう。

サーバビューの理解(Understanding the Server View)

サーバビュー(Server View)は接続しているアセットサーバを表示するウィンドウです。サーバビューは"Window->Asset Server"から開くことが出来ます。


オーバビュー(Overview) タブ

サーバビューはタブに分割されています:オーバビューアップデート(Overview Update)コミットオーバビュー(Commit. Overview)はローカルプロジェクトとサーバ上の最新バージョンの違いを表示します。また、ローカルの変更を素早くコミットしたり、最新の更新をダウンロードするオプションもあります。更新(Update)はサーバ上の最新の変更を表示し、ローカルプロジェクトへのダウンロードを提供します。コミット(Commit)変更セット(Changeset)の作成を可能とし、他のクライアントがダウンロード出来るようにサーバにコミットします。

サーバへの接続(Connecting to the server)

アセットサーバを使う前に、接続しなければなりません。接続(Connection)ボタンをクリックすると、接続スクリーンが表示されます:


アセットサーバ接続スクリーン

次のフィールドを入力します:

  1. サーバアドレス(Server address)
  2. ユーザ名(Username)
  3. パスワード(Password)

Show projectsをクリックすると、アセットサーバ上の使用可能なプロジェクトが確認できます。接続したいものを選択してConnectをクリックします。ユーザ名とパスワードはシステム管理者に問い合わせてください。システム管理者はアセットサーバをインストールした際にアカウントを作成しています。

サーバからのアップデート(Updating from the Server)

全ての更新をサーバからダウンロードするにはUpdateタブをOverviewタブから選択します。最新のコミットされた変更セットが確認できるはずです。そのうちの1つを選択すると、プロジェクト中での変更をコミットメッセージと共に確認できます。Updateをクリックすると変更セットのアップデートをダウンロードします。


Update タブ

変更のサーバへのコミット(Committing Changes to the Server)

ローカルのプロジェクトに変更を行い変更をサーバに格納したい場合Commitタブを使用します。


Commitタブ

最後の更新からプロジェクトに行った全てのローカル変更を見ることが出来、それぞれの変更を選択してサーバにアップ ロードしたいものを選べます。主導で変更を変更セットにドラッグするか、コミットメッセージフィールドの下に配置されたボタンを使って変更セットフィール ドに追加できます。コミットメッセージを入力することで、バージョンを比較したり以前のバージョンを復旧する際に助かります。それぞれ以下で説明します。

衝突の解決(Resolving conflicts)

複数人で同じデータセットに作業を行うと、衝突は避けられません。しかし、パニックになることはありません!衝突が発生したら、プロジェクトをアップデートする際に衝突解決(Conflict Resolution)ダイアログが表示されます。


衝突解決(Conflict Resolution)スクリーン

ここで、それぞれの衝突が報告され、衝突解決の方法が提示されます。全ての衝突に関して、アセットをスキップ(Skip Asset)(アセットをサーバからダウンロードしません)、自分の変更を破棄(Discard My Changes) (ローカルバージョンをサーバのバージョンで完全に置き換えます)、 サーバ変更を無視(Ignore Server Changes) (他の人がアセットに対して行った変更を無視し、アップデート後にローカル変更をサーバにコミットできるようにします) が選択できます。スクリプトのようなテキストアセットに対してはマージ(Merge)を行ない、サーババージョンとローカルバージョンを混合することが出来ます。

ローカル変更をコミットするときに衝突が発生した場合は、Unityはあなたのコミットを拒否し、衝突があることを通知します。これを解決するにはUpdateを選択します。ローカル変更は自動的には上書きされません。ここでは、衝突の解決(Conflict Resolution)ダイアログが表示され上の段落で記述した手順を実行できます。

リビジョン履歴の閲覧とアセットの復旧(Browsing revision history and reverting assets)

アセットサーバはデータベース上の全ての更新バージョンを保持しますので、ローカルバージョンを以前のバージョンにいつでも復旧できます。プロジェ クト全体を置き換えるか単一のファイルを置き換えるか選択できます。プロジェクトやアセットの古いバージョンを復旧するにはOverviewタブを選択し アセットサーバアクション(Asset Server Actions)の下にリストされている Show Historyをクリックします。全てのコミットが確認でき、ファイルやプロジェクトの古いバージョンを選択して置き換えることが可能です。


履歴(History)ダイアログ

ここでは、アセットやプロジェクトのそれぞれのバージョンに関する、バージョン番号やコメントを確認できます。これは説明コメントが必要となるひとつの理由です。アセットを選択し履歴を確認したり全てのプロジェクト(Entire Project)を選択しプロジェクトに行われたすべての変更を確認できます。必要なリビジョンを探してください。全てのリビジョンを選択したり、リビジョン中の特定のアセットを選択したり出来ます。Download Selected Fileをクリックし、ローカルアセットを選択したリビジョンのコピーで置き換えます。Revert All Projectはプロジェクト全体を選択したりビジョンで置き換えます。

復元を優先して、ローカルバージョンと選択したサーババージョンに際があった場合、復元されるローカルバージョンの変更は失われます。

ローカルコピーへの変更を単に破棄したければ、復元する必要はありません。Discard Changesをメインアセットサーバウィンドウで選択することで、ローカルで行った変更を破棄することが出来ます。サーバ上の現在のバージョンが即座にローカルプロジェクトにダウンロードされます。

アセットバージョンの比較(Comparing asset versions)

2つの特定のバージョン間の差異を確認したい場合は、明確に比較することができます。Historyウィンドウを開き、比較したいリビジョンとアセットを選択して、Compare to Loacal Versionを押すことで行えます。もし2つの異なるアセットのリビジョンを比較する必要があれば、右クリックをしてコンテクストメニューでCompare to Another Revisionを選択し、比較したいリビジョンを見つけて選択してください。

Note: この機能を使うにはファイルをサポートしたdiff/mergeツールがインストールされていることが必要です:

削除したアセットの復旧(Recovering deleted assets)

ローカルアセットを削除してコミットした場合、実際にはサーバからアセットは完全には削除されません。Overviewタブから、前のバージョンと同様にHistoryウィンドウから復元することが可能です。
Deleting a local asset and committing the delete to the server will in fact not delete an asset permanently. Just as any previous version of an asset can be restored through History window from the Overview tab.


Historyダイアログ

Deleted Assets アイテムを開いて、アセットを見つけて選択しRecoverを押します。選 択されたアセットがダウンロードされローカルプロジェクトに再度追加されます。アセットが削除される前に配備されていたフォルダが存在していれば、アセッ トはオリジナルの位置に復元されます。そうでなければ、アセットフォルダのローカルプロジェクトにおけるルートに配置されます。

アセットサーバトレーニングは完了しました(Asset Server training complete)

これでアセットサーバを効率的に使うのに十分な知識を獲得できたはずです。使い始めてみてください。良いワークフローの基本を忘れないようにしましょう。変更は頻繁にコミットし、失うことを恐れてはいけません。