星合研究室

次世代ネットワークシステム・ソフトウエアプラットフォームの研究


星合 隆成 教授

学位

博士(工学)

所属

情報学科 

 

研究キーワード

コンピュータサイエンス、ネットワークアーキテクチャ、ソフトウエア工学
オペレーティングシステム、リアルタイムシステム、分散コンピューティング

 

研究分野(テーマ)

世界初のP2Pネットワークアーキテクチャであるブローカレス理論を提唱(1998年)
意味情報ネットワークアーキテクチャSIONetを考案、報道発表(2001年)
地域コミュニティブランドを提唱、報道発表(2011年)
http://www.brokerlessmodel.com/

 

担当授業科目

オペレーティングシステム、ソフトウエアエンジニアリングなど

 

共同研究

これまでに、愛知万博プロジェクト「ブローカレス理論を用いた100万人の回覧板」など約20の共同研究プロジェクトを推進

 

経歴

NTT研究所主幹研究員・NTT参与、NTT在職中に、群馬大学客員教授、早稲田大学招聘研究員、米国ベルコミュニケーション研究所客員研究員、日本大学非常勤講師などを兼任.ユビキタスP2Pのパイオニア,ブローカレス理論,地域コミュニティブランドの提唱者として知られている.

 

研究室・個人ページへのリンク